写真を撮影する際には、プロのカメラマンに依頼してキレイな写真に

お宮参りの写真

お宮参りの写真撮影!する?しない?

お宮参りは通常、生後一ヶ月頃に赤ちゃんを連れて初宮参りをし、健康で順調な成長に感謝し、またその後の成長を願うものです。記念写真を撮影されるご家族も多いです。しかし、生まれて間もない赤ちゃんの撮影は、困難を極めることも多く、ちょっとしたテクニックが必要です。いいお写真を残したいと思えば、その分お宮参りの時の写真撮影の評判の良い写真スタジオやホテル、神社の情報を集めましょう。また、お祝い伸ばしという言葉もあることですし、撮影は後日、生後100日やハーフバースデーの時に行う、という手もあります。ご機嫌のいい赤ちゃんの撮影ができるように、プロの手を借りながら、ベビーもご家族も、いい思い出ができるといいですね。

お宮参りをするタイミングとは?

お宮参りは、地域によって様々な習慣がありますが、一般的には、男の子は生後31-32日、女の子は生後32-33日に行うのが良いとされています。しかし、生後間もない赤ちゃんを連れての外出ですから、お天気が良い日、また、お父さんのお仕事に合わせて平日はちょっと難しい、という場合もあるでしょう。写真撮影をするのに、写真館の予約ありき、というご家庭もあるでしょう。昔から、お祝いのばし、という言葉もあり、おめでたいことは先延ばしにしてもよいとされる風習もあります。また、赤ちゃんは生後一ヶ月のときよりも、一週間でも二週間でも遅いほうが、より成長し、より連れ歩きやすくなりますので、無理にお宮参りは生後何日目に行かないといけない、とこだわる必要はありません。

Copyright (c) 2015 写真を撮影する際には、プロのカメラマンに依頼してキレイな写真に all reserved.